アトリエの薔薇

110113_232454.JPG
1月14日
 夜半にふと目を留めました。薔薇一輪。家内が活けて置いてくれたのですが、犬の散歩途中での
庭の生垣越しに垣間見る薔薇の花の群れとは、あきらかに違う草花のようです。
つまり、あまりにも造形が勝ってしまっていると言うこと。
自然の土にあるときと、切り花になった時は違う種になってしまっている。と言うこと。
先達でも沢山の画家が薔薇を描いていますが、”難しい!”と良く言われるのは こんなところか! 
と唐突に思いました。表現は多彩だけれども、難しい。

今関心を持っている作家は、最近の 智内兄助 で、草花・木を描くようになってからの密度。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

mobile

qrcode
powered by ultra-graphix